頭皮のフケの種類

2009年8月 3日 00:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

フケ・カユミを防ぎ、頭皮を健やかに【お買得特価】ルベル コスメティックス ナチュラルヘアソ...

 

頭皮に起こるフケは、医学用語では頭部粃糠疹(ひこうしん)と呼ばれ、小さな角質が頭皮から剥がれ落ちたもののことをさします。その他に、皮膚が炎症を起こして少し大きめの角質が剥がれ落ちたものは落屑(らくせつ)と呼ばれます。また、頭皮のフケは湿性のフケ(脂漏性落屑)と乾性のフケ(粃糠性落屑)に分けられます。

頭皮の皮脂の分泌が過剰な状態になっていると、湿っていて、黄色いベタつきのある大き目のフケがでます。その反対に、皮脂の分泌が不足してしまうと、乾燥して、細かいパラパラとした白いフケがでます。湿ったフケは、皮脂が過剰に出るということから脂肪分の摂り過ぎということが考えられます。乾性のフケは、角化異常や手入れ不足といったことが関係しているようです。

頭皮のフケにはいろいろな種類や原因がありますが、食事を改善しても、ヘアケアに気をつけてみても症状が改善されない時には早めに皮膚科を受診することが不快なフケの症状を治す一番の近道でしょう。

そのうち治るだろうと、フケが多い状態を気にせず放っておくことは危険です。そのフケの症状の中に、男性型脱毛の薄毛の原因が隠れているかもしれないので、手遅れにならないうちに早く対処するようにしましょう。

 

 額のしわ  外国人の求人  商工会議所
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

頭皮のフケの原因
頭皮のトラブルの中で多いのが、フケやかゆみのようです。そもそも、フケとは頭皮の角質層が自然に剥がれ落ちたものであるため、多少のフケは誰にでも起こるものです。
頭皮のフケの種類
頭皮に起こるフケは、医学用語では頭部粃糠疹(ひこうしん)と呼ばれ、小さな角質が頭皮から剥がれ落ちたもののことをさします。その他に、皮膚が炎症を起こして少し大きめの角質が剥がれ落ちたものは落屑(らくせつ)と呼ばれます。
頭皮のフケはトラブルのサイン
フケやかゆみの症状が長引いている時には、頭皮に何かしらのトラブルが起こっている可能性があります。正常な頭皮のターンオーバー(角質細胞が皮膚の奥から表面に押し出されて剥がれ落ちるまでのサイクル)は1ヶ月~1ヵ月半で起こります。
頭皮のフケが多い「フケ症」とは
しかし、中にはフケの出る量が異常に多いという人がいます。それは「フケ症」と呼ばれる症状で、フケが出るだけではなく頭皮にかゆみを伴っていることも特徴です。
頭皮のフケが出やすい状態とは
正常な頭皮の角質細胞のターンオーバーによって起こるフケは、とても小さく目には見えないほどの大きさのため、フケが落ちていても特に気になるということはありません。
赤ちゃんの頭皮のフケ
頭皮のフケと言えば大人に起こるものと思われがちですが、乳幼児など赤ちゃんにも頭皮のフケは起こるものです。しかし、乳幼児のフケは大人のフケとは少し違うものです。
頭皮のフケの正しいケア
寒い冬など乾燥のひどくなる時期には、頭皮も乾燥を起こしてフケやかゆみなどのトラブルが発生しやすくなります。頭皮が乾燥した状態のまま放置しておくと、フケやかゆみだけではなく抜け毛が増えたり、髪の艶がなくなったりします。
頭皮のフケを防ぐシャンプー
肩に落ちたフケは自分では見ることができず、気がつきにくいものです。頭皮から剥がれ落ちたフケは不潔なイメージがあり、人から見てもあまり感じのよいものではありません。
頭皮のフケを予防するローション
頭皮は表皮と呼ばれる皮膚の一部で、4週間ごとのサイクルによって皮膚が生まれ変わる新陳代謝が行われます。フケは頭皮の新陳代謝の際に剥がれ落ちる皮膚と皮脂、酸化物が混ざり合ったもので、誰でも出るものです。
椿油で頭皮のフケのケア
頭皮の常在真菌が異常に繁殖したり、何らかの皮膚炎があるなど、病気がある場合にはフケが多くなります。このような場合には、フケの多い状態を放置せず、頭皮を健康な状態にしてもらうために皮膚科を受診するのが望ましいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1265

コメントする



このサイトを購読する